レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
10月16日 野尻湖ニュース
今日は昨日の北風と違い無風の朝でした。
しかし、日中は南風が吹き出し、雨も降り、釣りの条件としては厳しかったと思います。

昨日から彦根のY居さんが来ています。
前日は終了間際にいいサイズを掛けたものの、ジャンプで外されノーフィッシュ。
今日は絞り込んだタックルで湖上に出ていきました。
昼前は【大ナブラ祭り】に翻弄されっぱなし。
いろんなルアーを投げてみて、反応の違いを観察してそうです。
一番反応が良かったのは、朝、出ていく前にレンタルしたルアー。
他のミノーとは魚の距離が明らかに違ったそうです。
でも、バイトには至らず。

釣れたのは15時30分過ぎ、桟橋から正面のディープフラット。
新しく購入してきたセディションのMLのロッドが活躍してくれたそうです。
長さは45cmと特別大きくはありませんでしたが、春のスポーニング時と同じようなパンパンな魚でした。
ウエイトは1320g。
10月16日 タケゾウ 45㎝1320g10月16日 タケゾウ 横写真


この魚が釣れる前にも後にもバイトが集中しており、やる気のある魚がディープを回遊してきたような印象を持ったそうです。
スポンサーサイト
9月17日 野尻湖ニュース
今日は台風の影響で強風でしたが、風軸が180度だったので、湖上には多くの風裏が生まれ、静かな水面では時折【大ナブラ祭り】がありました。
野尻湖は西側に飯綱山、戸隠山、黒姫山、妙高山があり、その向こうには北アルプスの3,000m級の山々が連なっており、台風が今回のようなコースを進んだ場合、それほど風は強くありません。
それより、気圧の低下による魚の活性の高さが際立っていたように思います。

2017-5 ノジリオープン【スピニング選手権】があり、14名が参加しました。
1位 S本さん 3,030g(3匹)
2位 K谷さん 2,630g(2匹)
3位 S田さん 1,880g(3匹)
4位 S井さん 1,630g(2匹)
5位 S谷さん 1,580g(3匹)
6位 K原さん 1,200g(2匹)

ビッグフィッシュ K谷さん 1,750g(49㎝)
9月17日 小谷さん 49㎝ 1,750g

S本さんは表層のミノーでいいサイズを釣ってきました。
最近、大きな魚はだいぶセレクティブになってきており、通常のミノーでは見切られることが多くなってきたようです。

K谷さんはディープの映像を見極めいいサイズを釣ってきました。
他にも魚を掛けたそうですが、惜しくもバラしてしまったそうです。

S田さんは2週間前の大会と同じ釣り方をしたそうです。
スモラバを繊細に操作して釣ってきました。

S井さんは坂本さんと同船、坂本さんより一回り小さい魚しか食ってくれなかったようです。
9月17日 桜井さん

S谷さんはディープフラットでダウンショット。
魚はどうやってベイトに食いつくのか、凄く分かりやすい理論で釣ってきました。

K原さんはいつものジグはスピニングでは使えなくて、軽いタイプを駆使して釣ったそうです。

次回は【ディープ選手権】

台風で気圧が下がって魚の動きが活発になってきているようで、10匹くらい釣った方もいらっしゃいました。
9月17日 藤巻君 45㎝ 1,145g

野尻湖 吉野屋
8月29日 野尻湖ニュース
今日は晴れて少し暑さが残った一日でした。
午前の南風、午後の北風、どちらも強さはなく、そよそよでした。
8月29日 弁天島北側8月29日 宇賀神社社殿


八千代のK藤さん、佐久に転勤になったY野さんが釣りに来ました。

Y野さん
ラバージグが得意な釣りですが、今日は小さいサイズのみで大きいのは釣れなかったそうです。
最近、【大ナブラ祭り】があると聞き、それの行われていそうな場所を回ったようですが、大きな個体はいなかったらしく、釣れた最大は30㎝。


K藤さん
この時期は釣りに来られないのですが、今年はお盆以降に行われている【大ナブラ祭り】の釣りがしたいと言うことで、今回の釣行になりました。
結果としてはいいサイズが7匹、全て40UP で、最大は47㎝。
使ったルアーはビッグベイトやハンクルのルアーだったそうです。
8月29日 加藤さん

バイトはそれよりもあり、大きなサイズをバラしてしまったそうです。



野尻湖 吉野屋
8月18日 野尻湖ニュース  THタックル ホバリンゾーイ ホバリンプチ ホバリン70
今日はお客さんがいなかったので、ちょっと釣りに出てみました。
この時期は減水が進み、シャローはお風呂みたいに温かくなり、魚が少なくなるので、ディープ中心で漁場調査を行ってきました。

まずは桟橋沖から
ベイトは浅いところから深いところまで散らばっていると言った感じ。
こんな水深にいるの?っていうくらい浅いところでした。
ただ、この魚種は分かりません。
浮いているからワカサギだと決めつけるのはちょっと待って。
桟橋周辺にいるスジエビも水深26mでは水面まで浮いてくるし、ハゼ系のヨシノボリもボトムから4mくらい上に浮いていることもあります。
これらはI藤さん、K原さん、K戸さん、K池さんと目撃したものです。

魚探ではいい映像が出るのですが、アタリがないのでB地区に移動。
ちょっとここじゃないのかっていう感じですが、検証しておこうと言うことで1時間くらい釣りをしてみました。
B地区の北側のNEWで魚のアタリらしきものがありましたが、魚種、サイズは分かりません。

続いて菅川。
水深10mラインに船が多く浮いていたので、まずは深い方から。
13mにもベイトがいたので30分くらいやってみたけどアタリなし。
そして、シャロー側に入りました。
馬の背の先端に入り、そこでメタル系を投げました。
いつもは15gを使っていますが、今日は3gを使ってみました。
すぐに答えが出ました。
2投目に35㎝650gが釣れました。

その後はアタリはあるけど掛けられず。
ちょっと移動して馬の背の根元に入りました。
ここでは【大ナブラ祭り】の練習が行われており、フローティングミノー(IKEミノ)を投げていい魚がバイトしてくるのですが、食い損ねているって感じでした。ここでは4バイト0フィッシュ。

よく観察していると何度かナブラがあるのですが、必ず起こる場所があります。
そこは地形の変化とベイトが絡んでいるような場所でした。

南風の菅川は好きですが、北風の菅川はどうしても好きになれず、それを克服しようと思い、午後も風向きが変わってから入りました。
全くダメではないけど、難しいと感じました。

午後は大崎、伝九郎沖、桟橋沖などでやってみましたが、魚かな?ってアタリがあった程度でした。

野尻湖 吉野屋

THタックル
ホバリン今期最終
今年は去年よりちょっと釣果は落ちますが、相変わらず釣れているシンキングスイッシャーです。
今回はオリカラはお願いしてありません。
また、スモールマウスカラー作って貰おうと思います。
8月17日 野尻湖ニュース
今日は雨の予報が出ていましたが、朝のうちにパラパラって降った程度でした。
上田のI田さんが釣りに来ました。
3月に手を怪我して、治らなかったので病院に行ったら手術をした方が良いと言われ、釣りが出来なくなったら困るから手術したようです。

まだ、ロッドをしっかり握れないので、フッキングが決められないそうです。
一日中ビッグベイトとペンシルベイトを投げていたそうです。

結果はダメでしたが、バイトがあったり、異常に反応の良いルアーがあったり、
釣れなかったけど楽しい一日だったそうです。

野尻湖 吉野屋
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.