レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
5月24日 野尻湖ニュース
今日も雲が多く気温が上がり難い一日でした。
長野市内や東京方面から来られた人は寒く感じたことでしょう。
夕方は霧が出てきて寒さに冷たさがプラスされてしまいました。

埼玉のI川さんご一行、山梨のI藤さん、新潟のH井さん、O垣さん、津南のウマシカ夫婦、長野のI井兄弟、青梅のS木さんが釣りに来ました。飯山のI藤君も桟橋で釣りをしました。

I川さん
出発前にハンクルのミノーを購入してから出ていきました。
お昼に帰ってきて話を聞いたところ、朝に買ったハンクルで釣れてしまい、午後の出船時には買い足していました。
いつもは浅い所で釣っていたそうですが、今年はちょっと深めの水深で釣りをしたそうです。

I藤さん
富士五湖がホームなので、スモールは初めてだったそうです。
ルアーの動きはやっぱりラージのリズムだったので、厳しかったようです。
そして、終了間際、ビッグバイト。上がってきたのは70cmフィッシュ。
腕が筋肉痛になりそうだと言っていました。

H井さん
昨日から岸で練習して、今日は船で出ました。
解禁直後は釣れなかったので、今回はしっかり野尻湖用のルアーを買ってきたそうです。
そのルアーが当たって釣れたようで、昼過ぎまででしたが、喜んでいました。

O垣さん
昨日、岸から釣りをして1匹釣れたそうです。
しかし、今日は船の操作などで気を取られてしまったのか、釣る事は出来なかったそうです。

津南のN村夫妻
午前中は旦那さんが1匹、午後は1匹ずつ。しかも、奥さんの釣ったのは大きかったらしく、喜んでいました。
そういえば、二年前の解禁直後も50cm近いラージを釣ったのも奥さんでした。
骨粗しょう症の疑いもあったのですが、肋骨の骨折はだいぶ良くなったようでした。
(風上から胡椒を振りかけたかった)

I井兄弟
先週、ミノーで浮かせる事に気付いてしまい、今週は二人とも気合が入っていました。
しかし、釣りが終わったあとにルアーとワームを一緒に入れてしまうので、ルアーのフックが全て赤針になっていました。
兄は途中でジグヘッドにも手を出してしまったらしく、立ケ鼻の沖で1匹釣ったそうです。
二人とも4匹。20090524 新色で釣れました


S木さん
浅い方はネスト絡みの魚が多いと見ていて、今回は深い所で釣りをしたそうです。
しかし、サイズが上がらず、小さかったらしいのですが、産卵に関係ない魚だったので、満足されていました。
数は沢山釣れたようでした。
船から上がってからは今度は自分たちが釣られてしまいました。
ハンクルミノーを大量に購入してくれました。

そろそろ釣れ出してくるでしょう。

気温18℃ 水温16,7℃ 水位-1cm GT不明
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.