レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
9月24日 野尻湖ニュース
今日は穏やかな一日でした。
朝は無風で湖底を観察するにはちょうど良い条件でした。
お昼くらいに伝九郎と国際村沖に船を出したのですが、太陽光が真上から照らしてくれて良く見えました。

884さんがお手伝いに来てくれていたので、一緒に和船に乗って観察に行きました。
伝九郎には昔、渇水時に湖岸が掘れないように地下道水管がありましたが、7.11災害のときに埋没してしまいました。それまではコンクリートの開口部【4m×5m】があり、そこにラージが泳いでいたのを見掛けました。

国際村の沖も水深4mくらいまで肉眼でも見え、こちらも沈み物が見られました。
884さんはいわゆる《箱めがね》を持って行っており、肉眼では見えない魚も見えたそうです。
通常、この水深だとワカサギだろうと予想しますが、予想に反していたので、二人とも驚きました。
魚探に映る映像の主はワカサギではなかったのです。

桟橋の沖4mくらいの所に沈んでいる《アヤヤカラー》のルアーを見つけたので、メタルジグで引っ掛けて拾ったら見覚えのあるチューニングがなされており、持ち主はI井兄と断定されました。

実は僕も昨日、国際村の沖でハンクルK-ⅠMac65のピンクパープルクリアシェルを無くしてしまいました。 それを拾いに行ったのですが、それは見つかりませんでした。

このK-ⅠMacですが、スモールにも効果絶大で、昨日もディープで4バイトありました。
うちの在庫はもう無くなってしまいましたが、飯山の(かめや釣り具)には全色揃っているそうです。
今回、買いそびれてしまった人はこれが最後のチャンスかも知れません。

M貴君が釣りに出て、いつもは釣りの出来ない遊覧船の桟橋や弁天島の桟橋などを回ったそうです。
あいにく、天気が良くなってしまい、魚の反応は無かったようですが・・・。
午後は風が吹いてきたので菅川などを回ったようです。
明日はマスター野尻湖戦の最終プラクティス。そして土日が大会になります。

今年は飯山のM井君と小布施のM川君が登録しておらず、楽しみが半減していますが、JK S藤さんが居ますのでどうなるか見守って行きたいと思います。

気温27℃ 水温20,1℃ 水位-73cm まだ水は入っていません
朝晩は寒くなってきました。湖上も北風が吹くと寒いので防寒対策をお忘れなく。
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.