レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
4月30日 野尻湖ニュース
今日は朝から久し振りに晴れて過ごしやすい一日でした。(魚はどうなんだろう?)
午前中はあまり風も吹かず、早い時刻で北風に変わってしまいました。
大阪のK山 S井組、草津市のK島さん、津南町のN村さんが釣りにきました。

K山 S井組
昨年のこの時期のトーナメントでいい魚を釣っていただけあり、いい場所に入ったようです。
粕山さんは上手くのせることが出来なかったようですが、城井さんはいい感じで掛けられたようです。

K島さん
厳しいと聞いていたから覚悟して出て行ったようです。
家族旅行でこちらに来られたので、釣りに出られる幸せを感じていたことでしょう。
シャッドを引いていていい魚が掛かり、3回ジャンプされ、グイグイ引かれてようです。
上がってきたのは自己記録更新の46cmスモール。
その後も頑張ったようですが、その1匹だけで終わってしまったようです。明日に期待です。
20100430 鹿島様46cm



N村さん
いつもは奥さんと来られるのですが、奥さんは体調を崩され今回は不参加。
一人で湖上に浮きました。
ずっとやってみたかった釣り方があったらしく、それをじっくり時間を掛けてやってみたそうです。
結果はミノーで1匹、他のルアーで1バイトバラシ、夕方まで集中力を切らさずやり切りました。
20100430 中村さん


僕と884さんは今シーズン使うBBQグリルをブロックとレンガで作りました。20100430 レンガを切る(笑顔)



そして、夕飯は二人で飯盒でご飯を炊き、椎茸を焼いて食べました。20100430 飯盒炊飯と椎茸

スポンサーサイト
4月29日 野尻湖ニュース
今日は曇り、晴れ、雨、そしてまた晴れと天気が変わりました。
太陽が出てくると暖かくなりますが、曇ったりするとすぐに気温が下がってきました。
Y浜市のNし N原組が釣りにきました。寒さ対策をして来たのですが、思っていたより寒くなかったと言って
いました。20100429 吉野屋 桜開花宣言(小)

得意の大崎、弁天島等を回ったようです。
しっかり釣り込んでいるので、どこに何があるかを熟知していました。
特に弁天島の北側や東側のストラクチャーは僕より知っているようでした。
大崎はまだ魚が少なかったらしく、ベイトもあまり居ないようでした。
釣れたのは弁天島の東側の沈み物の近くでリアクション気味に反応してくれたそうです。
20100429 西さん 弁天島で1匹

桟橋では地元の中学生と明日から船で釣りに出るK島さんが釣りをしましたが、反応は無かったようです。

気温13℃ 水温8.8℃ 水位-35cm
4月28日 野尻湖ニュース

今日は雨、晴れ、霧といろんな空模様になり、陸上では何回も着替えました。
湖上は風が冷たかったので、一日中寒かったと言うことです。

下諏訪のK原 Aらた組が釣りに来ました。
雨の中、テンションが上がりきらないうちに出船。

でも、いきなりいいサイズを掛けたそうです。(国際村でダウンショット)
その後、ダウンショットで何回かバイトがあったようですが、全て乗せられず・・・。

最後まで集中力を切らさず、OSPのハイカットでいい魚を釣ってきました。
見た目はそれ程プリプリではありませんが、筋肉質なのか意外とウエイトのある魚でした。
41cm900g20100428 笠原さん 41cm 900g

吉野屋沖でもバイトがあったそうですが、乗らなかったそうです。
《もしかしてT山さんが釣ったあの魚??》

気温10℃ 水温8,5℃ 水位-47cm
4月27日 野尻湖ニュース
今日は朝から強い南風が吹いていました。
通常ならば昼過ぎに北風に変わるのですが、今日は今現在も南風が吹いています。
しかも、今は隣の妙高高原は強風警報が出ているくらいです。
野尻湖もきっと風速10mは超えていることでしょう。


昨日の漁協のワカサギ乗合船の船頭さんの話では、前日に強風が吹くと、翌日は湖流が強くオマツリが多くな
るそうです。
きっとこれだけ強風が吹いていると、明日は湖流が相当強いことでしょう。


釣りに来た人はいなかったので、釣果の報告はありません。
桟橋で朝と昼にスクリューベイトを投げてみていますが、まだ結果は出ていません。


午後は雨降りだったので小屋のルアー整理をしました。
20100427 K-1Macアヤヤ
ハンクル製品が多く出てきました。K-1Macアヤヤと884カラーのK-0M60、K-Ⅰ65、K-Ⅰ50がありました。


20100427 ハンクル884カラー

これらのルアーは野尻湖では一年中有効になりますので、持っていない方はお早めにどうぞ。

気温11℃ 水温8,2℃ 水位-48cm
4月26日 野尻湖ニュース
今日は穏やかな朝でしたが、夜は冷え込みが厳しく、デッキに霜が下りていました。
日中も風は少し吹きましたが、それ程強くならずに済みました。20100426 野尻の桜

今日も金剛寺釣りクラブのT山 I田組が釣りにきました。
昨日は二日酔いでゆっくりしたスタートでしたが、今日は8時過ぎには湖上に出ていたと思います。
20100426 この笑顔にだまされるな
この笑顔にみんなだまされちゃうんですよね??


午前中は風向きが一定にならず、南風が吹いたり、北風が吹いたりしていました。
釣りはやっぱり風に左右されるらしく、風の吹き出した3時過ぎからいい釣りが展開できたようです。
T山さんの釣りのスタイルはご存知であるようにダウンショットやスプリットショットはやらず、ミノーやテイ
ルスピンジグやジグヘッドのスイミングといった速い釣りをしました。
立ヶ鼻、弁天島、大崎、国際村、砂間ヶ崎、宮沢、菅川などを回ったそうですが、釣れたのは2ヶ所だったよう
です。20100426 ツッキーと恵三君


この時期はやっぱりいい魚から食ってくるようで、殆どが40UPでした。
最大魚は44cm 最大ウエイトは1300g超 5匹で6キロ近いウエイトになったようです。
20100426 ツッキー


僕は桟橋でちょっと投げてみましたが、アタリ無し。
伝九郎に行った中学生も《魚の気配を感じない》と言っていました。

気温14℃ 水温8,3℃ 水位-55cm
4月25日 野尻湖ニュース
ついに今年もルアー釣りが解禁になりました。
前日の前夜祭の甲斐があったのか、朝からいい天気に恵まれました。
朝は放射冷却で船には霜が降りていました。

諏訪のI藤 K原組、金剛寺釣りクラブのT山 I田組、佐久の884さんと福島のK村さんが釣りに出ました。
飯山のI藤君と豊田のM澤君は桟橋で釣りを楽しみました。

昨日のお酒が効いてしまったらしく、二日酔いの人が多かったように感じました。
まずは桟橋でI藤君がいいサイズを釣ってしまいました。(43cm 1100g)
20100425 伊藤君 桟橋で釣れた43cm1100g

それを見てしまった人たちは急に活性が上がってしまいました。
その後、いろいろやってみたようですが、本日はこの1匹だけでした。

諏訪のK原さんが最後に意地の1匹を釣ってきました。(44cm1000g)
風の当たっていたミドルレンジで釣れたようです。
20100425 笠原さん 44cm 1100g

まだまだ難しい状況ですが、釣れるといいサイズで、1匹の重みを感じられることでしょう。
I藤君が使ったルアーはこれ↓
20100425 桟橋で釣れたのはこれ


気温13℃ 水温5~8,8℃ 水位-88cm
4月22日 野尻湖ニュース
今日は朝から土砂降りでした。
天気予報では雪になるといっていましたが、南風だったので雪にはなりませんでした。
あまりに雨がひどかったので、外作業はしないで車庫で片付けをしていました。
冬の間に送られてきていたラインが出てきました。0,2号なのに6ポンドです。
これはミノーや虫系ルアーに使えそうです。
20100422 通常モード



スミスからHM-63のSS(PEライン専用)とSMD(ダウンショット専用)が入荷しています。
あと、7フィートのグラスコンポジットのベイトロッドのプロトタイプが届きました。

スミス70SS

ほぼこのまま製品として発売されるので、一度使ってみて下さい。
(リールやルアーはいつも使っている物をつけてみて下さい)

気温9℃ 水温不明 水位測定不明
4月21日 野尻湖ニュース
昨日は関東では暖かくなって気温が25℃を超えて【夏日】となったそうです。
しかし、野尻湖は深い霧で気温が上がりませんでした。
高速道路は中郷~豊田飯山は霧のため通行止め。
ちょうど、野尻湖一帯が雲の中だったのでしょう。
20100421 今日の水位


雨降りで作業が出来なかったので、上越のホームセンターに買出しに行きました。
いろんなサイズのネジやちょっとした部品が置いてあり、凄く便利です。
車で1時間ほど走らないといけないのですが、このお店が野尻にあったらさぞや便利でしょう。
20100421 ホームセンター

その後は日本海の様子を見てきました。
鰆が今年は長い期間釣れ続いている突堤。
ちょうどイルカが入ってきて、それに追われた鰆が一瞬活性が上がりました。
20100421 黒井突堤

暗くなるまで頑張りましたが、3バイト3バラシでした。

野尻湖解禁まであと4日。
去年話題になったルアーが再入荷しました。
20100421 トリガーフィッシュ

4月20日 野尻湖ニュース
今日は晴れなかったけど、船の準備をするにはいい陽気でした。

午前中は野尻湖用のミノーを作っている方が来られ、作品をいろいろ見せて頂きました。
野尻湖が好きで昨年の秋に飯田から引っ越してきて、野尻新町(旧小沢邸)に住んでいます。
野尻湖に通いだした最初の2年は全く釣れなかったそうですが、4年位前から自作ミノーでいい釣りをされているようです。

バス釣りは野尻湖でしか考えておらず、作られるミノーは野尻湖専用と言っても良いでしょう。
今までごく一部の人しか使っていなかったので、他の人が釣れない時も独り占めしていたようです。
ルアー作りが順調にいったら吉野屋でも販売させて頂こうと考えております。

野尻湖は伝九郎用水と池尻川からの雪解け水の流入でだいぶ水位が上がってきました。20100420 今日の水位

解禁には間に合わないと思いますが、満水に向かっております。

気温17℃ 水温不明 水位測定不能
4月18日 野尻湖ニュース
今日はM貴君、884さん、T條君、M井君、I藤君、M澤君が船出しのお手伝いに来てくれました。
棚に立て掛けてあった船を降ろしたり、矢保利に置いてあった船を運んだり、大変助かりました。

来週はいよいよ解禁ですが、今年はイマイチ暖かくならないので、なんだか調子が上がってきません。
いつも、準備期間は暖かい日が続き、解禁日は雪が降ったり寒くなるんです。
今年は暖かい日がないうちに解禁を迎えるのでしょうか??
20100417  朝の雪


解禁日の前夜、野尻湖吉野屋にて今年度の新年会が開催されます。
今年からの試みですが、青梅の某お坊さんや静岡の某マスタープロなど参加して下さいます。
まだ、参加者募集中ですので、解禁前夜に大騒ぎをしたい方はご連絡をお願い致します。

野尻湖の水位はこんな感じ。
20100417 今日の水位


水位が上がってくる前に小屋の前の葦を植えてあった小島を作り直しました。
今回は横にもう一つ作ったので広い範囲で葦が生えてくるでしょう。
20100417 小屋の小島


葦と蒲が沢山生えてくるといいなぁ~

今年のテーマはこれ・・・
解禁に向けて各社から荷物が届き始めています。
昨日は長野県内のルアーメーカーからクランクベイトとフローティングミノーが入荷。20100415 ウッドリームクランク 1
これは一番小さいサイズ。
白に赤なので、ちょっとピンクに見えるので、ピンク好きのスモールにいいかも…。

同じく、これも同じメーカーのもの。
仕様はスローフローティングになっています。
産卵後のワカサギの動きを意識して使ってみてはいかがでしょうか?
20100415 ウッドリームミノー

あと、これは携帯ストラップ。
20100415 ウッドリーム2010春モデル
春らしい『タンポポ』の絵柄です。
この携帯ストラップは船の上で携帯を出すときに安心して取り出せます。


これはちょっと自分で興味のあった渓流用のルアー。
トラウト系のミノーですが、スモールに効きそうなので、テストをしてみようと思います。
20100415 ウッドリーム ダーム


まだ、水位は低いのですが、伝九郎や池尻川から大量の水が入っているようで、どんどん上がってきています。

小屋の桟橋にあった浮島ですが、崩れかけていたので新たにブロックを積み上げました。
ブロックがあまっていたので、横に小魚の隠れる場所になるように同じように積み上げました。
魚が棲みやすい環境を作っていきたいと思います。
アドバイスをお待ちしています。宜しくお願いします。
冬に逆戻り
20100415160203
また、今朝から雪景色

夕方までには溶けてしまいましたが、昼くらいまで辺りは真っ白でした

湖の水位も上がってきました

解禁までに満水にならないでしょう
4月13日 野尻湖ニュース
今日は長野市内では気温が上がり、5月上旬の暖かさだったようですが、野尻湖周辺では霧がかかり少し肌寒さを感じるくらいでした。
長野市内の釣具屋さんをまわってきたメーカーの方が『トンネルを抜けたら急に寒くなりました』と言っていました。

そのメーカーの方が持ってきてくれたロッドがあります。
スミス70SS
このロッドは7フィートのグラスコンポジットです。
キャストの飛距離と巻き物《表層》のノリの良さを求めたものらしいです。
発売はまだ先になるようですが、サンプルを置いていってくれたので、興味のある方は使ってみて下さい。


それとは別にダウンショット《シューティング》用のロッドが入荷しました。
野尻湖で使われるソリッドティップのロッドとは違った感じで、触れた魚を掛けて獲るといった使い方になります。
スミス63MSD
ロングキャストできる63SSも在庫していますので、ミノーの釣りに使ってみてください。

昨年、野尻湖で好結果を残したルアーも少量ですが、在庫しています。
セイラミノー70
ダウンサイジングモデルもあります。
セイラミノー55


これはまだ使い切れていませんが、今年はしっかり練習してみたいです。
ハンクル K-1Mac65

これからいろいろ入荷してくると思います。
ここで紹介しますので、お楽しみに!!

4月4日 野尻湖ニュース(黒井突提編)
先日、スキークラブの子供たちを釣りに連れて行ったのですが、引率の僕は釣りをせず、指をくわえて見ていました。
不完全燃焼気味だったので、早起きをして、関山のU野君と釣りに行ってきました。
DSC01608.jpg

真っ暗の海に着いたのですが、そこには車がいっぱい。
停める場所がなくて、遠くのスペースに車を停めて歩いて移動しました。
DSC01609.jpg

夕方の入れ食いとは違い、魚が群れで時々入ってくるらしく、その時だけ『バタバタッ』と釣れました。
最初は突提の左側にしか釣り人がいなかったのですが、U野君がワインド釣法で釣ったとたん、大勢の人が右側に移動して次々と魚を掛けていました。

現地の人(おじちゃんやおばちゃん)はロッドに一個だけルアーをぶら下げてきていて、それをロストしてしまったら、『今日は止めだ』と言って帰ってしまいます。
夕飯のおかずを仕入れに来ている人も多く、隣で釣っていたおばちゃんは自分で2匹釣り、U野君から2匹貰ったらすぐに帰ってしまいました。

子供にも簡単に釣れるタイミングがあるので、ルアー釣りをさせて見たいお父さんは、この時期に連れて行ってあげたら子供はハマッてしまうと思います。

3月31日 直江津ニュース
黒姫高原に住む兄弟と直江津の黒井に釣りに行ってきました。
野尻湖小学校に通うこの兄弟は学校帰りに毎日釣りをしているので、投げることは問題ありません。
しかし、ロッドが長くなり、投げるルアーが重くなったので、最初は戸惑っていましたが、すぐに慣れてしまったようです。

今回は長野から黒姫ジュニアに入っている川中島のM島先生の長男S太君も一緒に行きました。
DSC01578.jpg


足元には岩場があり、キャストミスをするとルアーが根掛りしてしまうので、最初はプレッシャーを感じながら、キャストしていたようです。
突堤の先端にいる人たちのロッドが時折曲がっていましたが、岸側にいた人のロッドが曲がることはありませんでした。
5時を過ぎ、どんどん周りの人が帰っていきましたが、なんとか子供たちに釣らせてあげたくて、粘っていました。
思い切って移動して突堤の先端付近に陣取ることができました。

一昨年のような釣り方では反応してくれないので、ロッドを借りてジグの動かし方を少し変えながら、探っているとついにアタリがありました。上がってきたのは50cmくらいの鰆(さわら)
すぐに子供たちにも同じような感じで動かすようにアドバイス。
直後にみんなにもアタリが出始めました。
DSC01580.jpg


まだ、魚の扱いが出来ていなかったので、バレないようにロッドをいなし、ラインテンションを掛けながら寄せてきました。
岸壁のコンクリートに当たった瞬間、魚がバレてしまいました。
しかし、今回は大きな玉網を持っていったので、すぐにそれを掬いあげました。
兄弟プレーで釣り上げたと言っても良いでしょう。


雨が当たってきましたが、みんなそんなのはお構いなし。
M島先生も本気になり、40匹以上の釣果となりました。

今回はストレートリトリーブではラインを切られてしまうケースが多く、今後の課題となりました。
上手な人がたくさんいるので、いっぱい話をして改善していこうと思います。

TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.