レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
野尻湖専用
4年前から野尻湖のスモールにハマり、ついに昨年秋から野尻に住み着いてしまった人がいます。
長野県内ではありますが、一番南のはずれに住んでおり、週イチで野尻湖に通っていたそうです。
最初の2年間はアタリすらなく、ある日、釣りをせず魚を観察していてルアーを作ろうと思ったそうです。
ハンドメイドルアーでありますが、それまで見たことも無く、全てオリジナル。
最近までHMKL等の存在すらご存知ではなかったそうです。
野尻湖のバスとワカサギが先生ですとおっしゃっていました。
20100507 サンチャゴミノー

艶めかしさはワカサギそのもの。
フローティングミノーとシンキングミノーです。
サイズは野尻湖のワカサギサイズ。
その年のワカサギに合わせて使うと良いようです。

今はまだ製作に入っていませんが、そのうち始めるようです。
値段はちょっと高めですが、釣れっぷりを見てしまうと欲しくなってしまいます。
3個ほどお借りしているのがあるので、ご覧になって下さいませ。
桟橋で投げると魚が掛かってしまうので、それはちょっと勘弁願っております。(鯉かも?)



今年のフェイバリットであるホバリンブライスを出しているTHタックルさんのPikuPikuブライス
20100430 ブライス Piku Piku

ダブルイメージで両面のカラーが違います。
表層でピクピク引いた後に方向を変えると色も変わると言った感じ。
突然カラーが変わってリアクションでバイトしてしまうようです。

これはもうちょっと後で使うといいでしょう。
スポンサーサイト
5月8日 野尻湖ニュース
今日は昨日の雨が上がって、朝からいい天気になりました。
雨の日は飛べなかった鳥も今日は朝から活発に餌を食べていました。
20100508 コムクドリ つがい(小)

風もそれ程強くなく釣り人に優しい野尻湖でした。午後は少し手強い時間帯もありました。
富山のH塚さん、熊谷の○○さんが釣りに来ました。
地元の中学生も午後から来て、船で釣りに出ました。(5日の釣りが忘れられないのでしょうか?)

H塚さん
お昼に食堂【一茶】でしっかり食べてきて、午後はミノーを投げ続けました。
そして、いいスモールを釣ってきました。やっぱりやり続けることが大切なんでしょう。
20100508 百塚さま セイラミノー

○○さん
最近までアメリカに住んでいて向こうでスモールを釣っていたそうです。
野尻湖のスモールに翻弄されてしまい、結果は出ませんでした。

K島 A松組
伝九郎沖から音大沖までミノーを投げに行き、ハンクルK-Ⅰ65(改)で1投目に釣ってしまったそうです。
5日は姫プロップで釣っており、ハンクルとの相性が良くなってきているようです。

夕方、884さんがフラッと遊びに来て桟橋でホバリンブライスを投げ、2バイト。
僕はリールハンドル10回転分バイトが続きました。最後に食い、35cmスモールが釣れました。20100508 ハンドル10回バイト


だいぶ浅いところにも魚が入ってきており、ハードベイトで釣りやすくなってきました。
【このルアーで釣ってみたい】というお望みもかなえてくれます。
今年は伝九郎も釣り人が少ないし、湖上も少ないように感じます。
初心者の人を連れてルアーで釣るには今がチャンスかもしれません。

気温17℃ 水温12,7℃ 水位-26cm
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.