レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
ワームの話
季節が進み、アフターの回復型のバスが釣れるようになってきました。

この時期はゲーリー系の高比重ワームが活躍してくれます。

今年は特にエビが多く、それに模したものがいいような感じがします。

たとえば
2インチシュリンプ(ゲーリージャパン)
オケラ(スミスゲーリー)
テールレスグラブ40(スミスゲーリー)
シルクワーム(ティムコゲーリー)
サターン(フィッシュアローゲーリー)

等が効いているようです。

その他では
3インチドライブクロー(OSP)
2インチバグアンツ(エコギア)

ラバージグの釣りも楽しくなってきました。
スモールのラバージグはバイトが一瞬なので、フッキングがキモとなります。
バイトを感じてからフッキングの準備をしても、それでは遅いのです。
フォールさせているときにラインを巻き取り、着底と同時にフッキングできるようにすると言った感じでしょうか・・・。

ラバージグは三井君が作ったChu Jigかロイヤルブルーのハンマーヘッドジグが良いようです。
どちらもボトムでしっかり立つように作られています。

トレーラーにはいろんなワームが使われていますが、定番はゲーリーの4インチグラブ。
それと最近はクロー系のワームが多くなってきました。
クロー系ではベイトブレスのバイズクロー4,5インチへの反応が良いようです。

これから夏に向かい、状況は少しずつ厳しくなってくると思いますが、悪くなってからではなく、この時期に次の展開を調べておくと良い釣りが持続していくと思います。(季節の先読み??)

つづく



スポンサーサイト
6月30日 野尻湖ニュース
今日は釣りに出た人がいなかったので、釣果の報告はありません。

朝の釣りは伝九郎までジルバ140を持って行きました。
旧野田屋桟橋から伝九郎まで投げましたが、反応はありませんでした。
伝九郎の水門には大きなラージとスモールがいるのが確認されました。
ラージは50UPが3匹、40UPが多数、スモールも40UPが数匹。

最近、桟橋周辺でもラージの姿を見かけるようになりました。
しかもサイズは大きく、40以下はいません。

スモールの1年魚も多く、桟橋での釣りが楽しいものになりました。
小さなバスは釣られた事による影響が大きくなりますので、出来るだけバーブレスフックの使用をお願い致します。

気温25℃ 水温24℃ 水位-4cm

野尻湖 吉野屋
THタックル ホバリン 入荷
THタックルさんからホバリンが届きました。
今回の目玉はポリカプロップのホバリンプチ
20110629 ポリカ 拡大

この写真のうち、金黒とピンクバック×ピンクベリーが吉野屋オリジナルカラー

その他にもステンプロップの56
20110629 ホバリン56

ステンプロップ70
20110629 ホバリン70

ステンプロップ85
20110629 ホバリン85

どれも昨年、野尻湖で実績のあったカラーです。
予約受付しております。宜しくお願いします。
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.