レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
11月27日 フェイスブルー琵琶湖合宿 2日目
27日も続けて琵琶湖での釣りをしました。
朝は目覚ましを5時半にセットして、みんなで行きました。
モーニングコーヒーは当番の884さんから頂きました。
20111127 早起き


朝食は8時過ぎにお願いしてあったので、それまでの釣りになりました。
朝は当然、つづら尾崎に向かいました。
20111127 つづら尾 日の出

前日も朝だけベイトが入ってきて、いい感じで釣れました。
10時くらいになるとベイトは入らず、バイトもなくなるので、朝練場所としては最適と考えました。

この日は湖流もなく、うねりもなく、釣りしやすい状況になりました。
まずはY太郎がTN60でハヤを掛けました。
20111127 朝練 ハヤ Y太郎

昨日からディープでバイブレーションを投げて釣っていました。
その後、ビッグスプーンでハヤが釣れ、それからニゴイが釣れました。
20111127 朝練 ビッグスプーン
20111127 つづら尾 ニゴイ

8時を過ぎたくらいからベイトの回ってくる頻度が減ってきました。
そして、そろそろ朝食に戻ろうとしていたら、テイルスピンジグが根掛かりしてしまいました。船を少し前進させ、ロッドをあおり、テイルスピンを外しました。

次の瞬間、今までにない重いバイト。なかなか上がってきません。
その前に釣ったニゴイの引きの比ではありません
20111127 BON 5

T山さんから譲って頂いた《クォッドツイスター》をグイグイ絞ります。
隣で見ていた884さんが『ロッドが折れる』って言うくらい曲がっていました。
みんなは自分の釣りをやめ、上がってこない魚を見ようと水面に視線を注ぎます。
しばらく上がってくるのは大きな気泡のみ。
10分か20分か分からないくらい時間が経ったころ、水中に白い腹を出した魚が上がってきました。何度か抵抗を繰り返し、やっと上がってきたのは5年振りの【琵琶湖オオナマズ】でした。持ってきたランディングネットは明らかに小さいのが分かり、どうやって取り込むのか考えました。


先日、庭作業をした時に使った【ゴム手袋】があったので、それを使うことにしました。以前、K村さんが【皮手袋】でランディングしたことがあったので、それと同じように使えるのではないかと思ったのです。
20111127 BON 3

弱ってきた魚の口に庭作業用のゴム手袋で掴みましたが、ゴムを抜けて鋭い歯が手に刺さりました。でも、痛いと言ってはいられなかったので、そのまま船に引き摺り上げました。1メーターオーバー10キロフィッシュでした。
20111127 BON 縦持ち
20111127 BON 横持ち


朝食を済ませて、釣りを再開。
もう一度、朝練と同じつづら尾崎に入りました。
僕はもう満足してしまっていたので、A松君にエレキを任せてのんびり釣りをしました。
朝より、ベイトも魚も少なく、すぐに見切りを付けて、菅浦に移動しました。
ここもベイトが少なく、魚っ気もなく、そのまま黒土崎まで流しました。
岬の先端はウィードもあり、水面にベイトが見えるくらい良い感じでした。
岸方向にシャッドを投げ、沖方向にテイルスピンジグを投げ、船の真下に落とし、小魚を次々と釣り上げました。
僕はお湯を沸かしてお昼を食べたり、お茶をいれたりしてのんびり過ごしました。
高校生2人は小バスとギルを次々と釣り上げていました。

20111127 二本松漁礁にて

最後は二本松の漁礁に移動。
他の釣り人がいたので、漁礁には入らず、少し浅い側で釣りを始めました。
Y太郎君がジグヘッドワッキーでいっぱい釣りました。
移動してきた時に入っていた釣り人がいなくなったので、A松君が漁礁で大物を狙いました。
しかし、大きな魚は居なかったみたいで、ノーバイト。


タイムアップで船を上げ、岐路につきました。
フェイスブルー884 K原 I藤組も16時に上がり、塩津浜のコンビニで解散しました。



野尻湖 吉野屋
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.