レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
6月9日 野尻湖ニュース
日曜日は土曜日ほど船が多くなく、週末の割にはポイントは入りやすかったのではないでしょうか??

日野のM之前さん、諏訪のK原さん、山梨のI川さん、魚沼のA柳夫妻、愛知のA野さん、松本のN松さん、長野のK山君、飯山のN原さん、津南のW井さん、小川町のK戸 K地組、免許を取ったばかりのY崎さん、お隣のM貴君が釣りに出ました。


M之前さん
今日も俺の場所に魚が居たと言って満足されていました。
M之前さんの釣り方は詳しくお聞きしてありませんが、きっとスプリットでしょう。
あの釣りはそうそう真似はできません。


K原さん
今回もあの相棒ではなく、一人での釣行になりました。
船の上は静かで、いつもの賑やかな船上ではありません。
今回もいろいろルアーをいじってきましたが、そのルアーではチェイスのみでバイトには至らなかったそうです。


I川さん
弁天島周辺の岩盤をメインにやったそうです。
フライロッドも積み込んでおり、バンクの虫パターンも試してみたようです。


A柳夫妻
いつもいい時期に奥様を連れて来ないのですが、今回はバッチリ。
奥様にもしっかり釣らせてあげられたそうです。
使ったのはスプリットとChu Jig。
いい魚は奥さまのスプリットに食ってきたようです。
A柳さんは家庭円満のコツまで掴んでしまいました。


A野さん
いい時期に来たと言って満足はされていますが、どこででも釣れてしまい、何か物足りないと言っていました。
ラバージグ、スプリット、ライトキャロなどで釣れていますが、ラバージグの釣りのリズムになってしまい、ライトリグは難しいと言っておりました。


N松さん
今シーズン初の野尻湖釣行になりました。
午前中はバイトがあるが、フックアップしないと言っていました。
お昼にM之前さんとミーティングして、午後はだいぶ掛けられるようになったようです。
自作のフライで釣れると楽しいと言っておられました。
20130609 則松さん


W井 K山対決
W井さんは9匹、K山君は3匹、それぞれ巻き物のみ。
毎週、K山君の挑戦を受けております。

N原さん
M貴君
先週の小屋での妄想フィッシングから、今回は実際に船で湖に出ての釣りになりました。
妄想していたのと実際の湖の状況の違いを感じたのではないでしょうか??
2人とも今シーズン初のノジリスモールを釣り上げることができ、ホッとしていることでしょう。

K戸 K地組
今回も釣竿とは思えないような棒を持ってきました。
しかし、あの大きなルアーをロングディスタンスでしっかりポイントに投げ込むあたりはさすがです。
釣れたのはK地さんの21gのスピナベ。
《メガヲタ》の意地に掛けても釣ってやると言っていました。
K戸さんの魚にはバスは食い付きませんでした。

Y崎さん
先月、免許を取得。
友達を連れての釣行になりました。
方向性はK戸 K地方面で、2人のタックルを見て驚いておりました。
【野尻湖意外とおもしれー】と言っていました。


気温25℃ 水温20℃ 水位+1cm

野尻湖 吉野屋
スポンサーサイト
6月7日 野尻湖ニュース
土曜日は久し振りに船の多い週末になりました。
先週くらいから釣果の方が良くなってきており、遠征組が多くなってきたのでしょうか??


群馬のK井さん、愛知のA野さん、渋川のS藤さん、上田のW来さん、日野のM之前さんが釣りに来ました。



K井さん
この時期は伝九郎沖から槌ヶ崎へと変わっていきますが、今回はそこには入らず琵琶ヶ崎に入ってみたそうです。
今回もなかなか良いサイズをまとめて釣ってきたようです。
使ったのは今では入手困難なAR-45だそうで、大切にしているそうです。
全部で9匹くらいと言っていたような・・・



A野さん
春のミノーに引き続き、今回はちょうどいいときに日程を合わせて来られました。
数年前にラバージグの釣りにハマってしまい、それが可能か調べて回ったようです。
まだ、いつもの場所には魚が入っておらず、それよりちょっと春よりのポイントが良かったそうです。


S藤さん
初めて来られたお客さんですが、大きな魚に絞っているような感じがしました。
スプリットと虫系のルアーで釣れたそうです。
虫系はまだ本格的なシーズンになっておらず、だいぶルアーを見ていると話していました。
20130608 虫系釣れた


W来さん
前日は2人で40匹近く釣ったそうですが、当日は少しペースが落ちてしまったそうです。
経験も重要ですが、それにとらわれず、新しい釣り方も試していくので、いい結果を出していくのではないでしょうか??


M之前さん
ようやく、M之前さんの場所に魚が入ってきたようです。
今年は既に何回か釣りに来られていましたが、なかなか釣れず、帰る時には《オレの場所には魚はまだいない》と言っていました。
日曜日も釣りに出るようです。

気温23℃ 水温19℃ 水位+1cm


僕は桟橋でスミス社から届いたミノーを桟橋でテストしてみました。
20130608 テスト 2投目








あのB地区マスターのA西君が釣りに来ました。
どんな時もB地区をメインに釣りをしており、良い時も悪い時もB地区を愛して止みません。

タックルはいつものセット
この時期の釣れるワームなんかもしっかり知っており、無駄なものは一切ありません。
時間帯、風向き、その年の傾向などB地区ならあのKZMさんもかなわないのではないでしょうか??

どんな点が凄いかと言うと、入りたい場所(ピンポイント)に入れない時もその周辺で釣っていきます。

B地区マスターA西君が言うには【二週間後、B地区は爆発します】だそうです。
今回釣れた場所や釣れてきた魚の状況で判断したそうです。

恐るべし B地区マスター

野尻湖 吉野屋
6月7日 野尻湖ニュース
金曜日は霧の深い朝でした。
出船の時間になっても霧はなくならず、山立てして入るようなポイントは難しいと思いました。
群馬のI井さん、上田のT玉さん、東京のK宇田さん、上田のW来君が釣りに来ました。


I井さん
五月の末に予定していた野尻湖釣行がこの時期にずれ込み、考えていた釣り方ではなくなってしまい、ちょっと残念がっておりました。
しかし、釣りを開始してすぐにその考えは変わり、アフターの釣りを堪能しておりました。
弁天島の東側の岩盤(B地区)に入りましたが、そこでは釣れず、少し浅い方に入り直しました。そこで2人とも良い感じで釣れ続け、喜んでおりました。



T玉さん
今回も娘婿のN島君を連れて来ました。
フライとルアーの釣りをしたわけですが、エリア選択が非常に厳しかったようです。
うす曇りだったのですが、魚の浮き具合はあまり良くなかったようです。
アフターで魚がナーバスになっていたのでしょうか??


K宇田さん
朝イチ、水中島からスタート。
朝から北風だったのですが、南風の時と同じ感じで釣りを始めました。
ちょっと調子を見ようと大き目のトッププラグを1投してみたら、35cmくらいのスモールが食い付いてきました。
その後、ビッグベイトを投げたのですが、50cmクラスのラージやスモールにもてあそばれてしまいました。

二本杉沖、佐藤桟橋沖、伝九郎沖、お嬢桟橋、カトリック、栗が原、YWCAなどでバイトがありましたが、フックアップならず。
結局、釣れたのはB地区で、TN60のリフト&フォールをしている時でした。
20130607 古宇田さん


W来君
アフターになったと言うことで仕事を休んで釣りに来ました。
得意のジグで40匹くらい釣れたそうです(二人で)

気温22℃ 水温19℃ 水位±0cm

野尻湖 吉野屋

W来君がK原さんの為にタックルボックスの蓋を塗装してくれました
20130607 タックルボックスふた


鉢植えのバラが咲きました。

20130607 ブルボンクィーン
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.