レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
6月22日 野尻湖ニュース
今日は昨日の夜からの雨が降り続いていました。
雨が上がったのはお昼くらい。それまで降っていたので地面にはたっぷり水が浸み込んだことでしょう。この水が長い月日をかけて地中から岩盤をつたわり、暑くなり過ぎた湖のボトムから湧き出してきます。
この水が魚にとって居やすい場所を作ってくれることでしょう。


野尻湖周辺の地層は6m付近に岩盤があり、野尻湖にあるブレイクは殆どが6m始まりの6~8mブレイク、6~9mブレイク、6~10mブレイクが多いのがお分かりでしょう。特に旧野田屋ホテル沖のブレイクはアフターからサマーにかけて、い
いバスが集まる場所になっています。

実際、先週はこのブレイクの延長線上のディープに多くのベイトが集まり、バスとハヤが釣れました。
あとは菅川、B地区、舟瀬、小林別荘沖、針ノ木ワンドなどに似たような条件の場所があります。

今日は松本のS藤親子、岡崎のA野さん、茨城のM川さん、東京のO村 I丹組、津南のW井さん、長野のK山君が来ました。

S藤親子
朝は一人で出ていきました。
ラバージグでいい魚を釣りました。
その他はライトキャロだったそうですが、使ったのは安価で手に入りやすい3インチワームでした。
野尻湖解禁当時からこれを使い続けているようです。
20140622 斉藤さん

A野さん
午前中は全くと言っていいほど釣れず。
お昼ご飯を食べてからいつものB地区へ。
船が少なくなったからか、結構いい感じで釣れたそうです。
隣の船の人は入れ食いだったそうでう。
使ったのはダウンショットとChuJigでした。

M川さん
やはり午前中は釣れなくて、お昼すぎに桟橋に帰ってきました。
先日良かった音大沖のポイントを確認、気合を入れ直して出ていきました。
そして、きちんと結果を出してきました。
小さいワームより、大きなワームの方が良かったそうです。

O村 I丹組
今日は厳しかったそうです。
自信を持っていたスピナベでラージを掛けたそうですが、ラインを切られてしまい、ガッカリ。
魚はジャンプを繰り返してスピナベを外していったそうです。
終了間際、大崎でChuJigdで1バイトずつ。
掛けることは出来なかったそうです。

W井さんとK山君
今日の二人のテーマはプラスチック。
ウッド製のルアーの使用は禁止だったそうです。
今日も何周かしたようです。
W井さんの勝ちだったそうです。

今月末、ポイズン グロリアスの全モデルが箱根より来ます。
平日になりますが、時間のある方はどうぞ。


気温24℃ 水温21,3℃ 水位-2㎝(ちょっと増水)

野尻湖 吉野屋


先日、ChuJig作者の三井君からなんでこのジグが釣れるのかお聞きしました。
なんでワームキーパーを切り落とし、代わりの物が取り付けられているのか??
ボトムでの姿勢と思っていましたが、実はそれだけではな
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.