レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
5月24日 野尻湖ニュース
日曜日は無風の朝で穏やかな朝になりました。
最近、雨が降らず、地面もカラカラに乾いています。
湖の水位は満水まで2㎝のところまで上がりました。
今月末までの水利権移動までには間に合いそうな感じです。
既に伝九郎用水の水門からの流入もなくなり、あとは降水と湧水だけに頼るところです。
諏訪のK原さん、群馬のK井さんが釣りに来ました。


K原さん
前日の釣りでいいサイズの魚が出てきて、当日も同じようにやったそうです。
あとはこの時期の定番に加え、季節を先取りしたルアーも用意して、アフターのバスを狙ったそうです。
しかし、アフターのバスは釣れず、まだ、季節は進んでないと感じたようです。
この日もビッグベイトでチェイスはあったものの、前日に比べ、距離が開いているようでした。
ビッグベイトは食う時と食わない時の見極めが肝心です。

K井さん
K井さんも春の釣りとアフターの釣りを検証。
まずは桟橋沖から伝九郎沖へとミノーのドラッキング。
数は少ないもののいいサイズを釣りあげたそうです。
アフターの釣りはやってはみたもののいつもの場所(栗が原)では反応がなく、I井兄弟が好きな【モミガ】に行って釣ったようです。
でも、釣り方はワームのほっとけではなく、硬めのロッドを使ってのDSだったそうです。

二人の話を総合すると季節は例年よりは早めに推移しているものの、アフターにはなっていないのではないかと言うことでした。
アフターになっていても人為的なプレッシャーもあったことでしょう。



野尻湖 吉野屋

昼前、I山のSョウゴ君が長野市内で手に入れた【ハットリジョーダン】のPH(ピンクヘッド)を届けてくれました。
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.