レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
11月5日 野尻湖ニュース
今日は昨日と同じ晴れの一日になりました。
風も強くなく、ポカポカな感じでした。
日本では小春日和と言われていますが、アメリカでは【インディアンサマー】と言うそうです。
北アメリカ大陸の先住民たちが冬を迎える準備をする晴れ間と言う意味みたいです。

昨日に引き続き、N刊スポーツ釣りクラブのK品さん、今年最後の野尻湖釣行という上田の I 田さんが釣りに来ました。
 
I 田さん
午前中はいつものビッグベイト(サイレントキラー)を投げたそうです。
前回、同じ日に釣りに出た加藤さんがジョイクロで良かったと聞いていたので、今回はジョイクロも投げたそうです。
結局、ビッグベイトでは反応がなく、ディープの釣りに変更。
普段、川で使っているメタルバイブで45㎝のスモールを釣りました。(OSPツレスギル)

K品さん
今回は二日間の釣行。
昨日の釣りを参考にディープフラットでいい釣りをしたそうです。
いろんなポイントでやってはみたものの、釣れたのは最初に入ったところだけだったようです。
今日は35㎝、40㎝、41㎝の3匹。
今季は秋の釣行を増やし、頑張った結果でしょう。
この冬の妄想が凄くなりそうです。

野尻湖 吉野屋

11月8日 ノジリクラシック開催
参加希望の方、ご連絡をお願いします。

スポンサーサイト
11月4日 野尻湖ニュース
今日は晴れてお日さまが一日中照らしてくれていました。
朝は南風が強く、波も大きかったので、菅川へ向かう時は結構水をかぶりました。
寺ケ崎を過ぎた辺りから風裏に入り、少し安心して釣りが出来ました。
南風の時にベイトがたまる場所には先行者が浮いており、仕方なく、第二のポイントに入りました。
ベイトもバスもあまり映りませんでしたが、時折、入ってくるベイトを狙い、テイルスピンをキャスト。
1匹目は40㎝ジャストのスモールでした。
2匹目はバイトも引きもウグイっぽかったので、ちょっと雑にやり取り。
浮いてきた時にスモールと分かり、慎重に。
しかし、船縁でフックオフ。

3匹目は午後イチに入ったポイントでした。
無風になっていましたが、そこにはちょっとですが、ベイトもバスも映りました。
サイズは37㎝800g。

それからカトリックのシャローをチェック。
ハドルミノーのただ巻きで流してみました。
しかし、反応はなし。
沖に出て魚探を見るとまずまずの映像になりました。
アタリもなかったので、そろそろ帰ろうと思った時に掛かりました。
最初は根掛かりかと思うくらい、動かなかったので、外そうと反対側にエレキで移動しようとしたときに引き始めました。
丁寧にやり取りして上がって来たのは47㎝1,300gのスモールでした。


K品さん
水道局でハンクルのミノーで1匹。
いつもより少し遅いスピードで引いていたら食ったそうです。

N村さん
菅川のディープで1匹。
食いあげてくるようなバイトだったそうです。

明日は今日に引き続きK品さんが釣りに出ます。
あとは上田の I 田さんが最後のビッグベイト投げに来ます。

野尻湖 吉野屋

11月3日 
今日は西寄りの風が吹いていたのか、朝は南風と北風が湖上でぶつかっていました。

佐久の884さんが釣りに来ました。
黄色いロッドを2本を持ってきて、ミノーの釣りをやったようです。

出船して弁天島に向かいました。
水深10m付近でワカサギが見えて、魚探を覗き込んだら、ボトムから表層までびっしりワカサギがいたそうです。

水面はキラキラしていたそうです。

しかし、ここでは釣れず。

その後、シャローを回ったそうです。
一回、アタリがあったそうですが、すぐにフックオフ。

午後も頑張ったそうですが、昼前のバイト一回だけに終わってしまいました。

野尻湖 吉野屋

週末は2015 ノジリクラシックがあります。
ペアの部もありますので、ぜひ、お二人でご参加くださいませ。
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.