レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
9月9日 野尻湖ニュース
今日は天気予報通り、朝から北風が吹き続けました。

群馬から来ているお客さんからYahooの天気予報の風向きと風の強さは当たると言われ、最近はそれを見ています。

誰も釣りに来た人はいなかったので、午後だけ自分で釣りに出てみました。

まずは桟橋沖からチェック開始、しかし、良い反応は見られず、大崎まで移動。

音大沖の10メートルで数回投げて見ました。
反応がないので、そこから砂間ヶ崎まで流しました。
シャッター沖まで行きましたが、ここでも反応はなく、砂間ヶ崎の先端でようやく魚の姿らしきものが魚探に映りました。

今まではディープフラットで使っていたルアーをここで使ってみました。

すぐに30センチ弱の魚が釣れました。
さすがにここでは根掛かりが多く、その都度、逆方向に回り込んで回収していたので、ディープフラットの何倍も時間がかかってしまいます。

それから青学ワンドで1バイト、鎚ヶ崎で1バイト。

針ノ木ワンドもチェックしましたが、途中で断念。
カトリック沖まで移動。
水深13メートルのところにボートをステイさせて、浅い側にキャストしました。

釣りを開始してすぐに知らない船が近づき、その場でエレキを下して。そのままキャストしたライン上を通過。
仕方がないので回収。
早めに巻いたそれが良かったのか、早巻きのルアーにバイトしてきました。
その魚はバレてしまいましたが、ヒントが貰えました。
すると通過したはずの船がすぐ後ろに入り、同じ方向にキャストし始めました。
こりゃだめだと思い、移動を決意。

紫岩に入りました。
そして、カトリックと同じやり方を実践、1投目からバイト。
40アップのスモールでした。
【この魚は緑ベルトの彼が釣らせてくれた】と思いました。

その後、やはり、同じ動きに反応し、そこで2バイト。

アクシデントも良い方向に転がることもあるんだなぁ~と思いました。


最近の冷え込みでフォールターンオーバーがあったのか、青学ワンドには茶色の泡が流れてきていました。


野尻湖 吉野屋
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.