レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
5月31日 野尻湖ニュース
今日は雲が多い朝でした。
日中は晴れましたが、夕方から雲が広がり、今は雷鳴が轟き土砂降りになっています。
朝の南風はそれほど上がらず、お昼前に北風にシフトしてしまいました。

上田のH田さん、飯山のF沢さんが釣りに来ました。

H田さん
まずは桟橋沖のディープからスタート。
水深8mくらいから始めました。
他のボートは岸際に張り付く中、沖のアフター魚を探していました。
あとは大崎から国際村、砂間ヶ崎、栗が原、YWCA、琵琶ヶ崎、つんだし、水道局と回ったそうです。
まだ、アフター魚は釣れないと言ってました。

F沢さん
桟橋沖からスタートして伝九郎沖水深6~8mを丹念に攻めていきました。
伝九郎沖では少し深めの6mで45㎝1260gを釣りました。
この長さでこのウエイトはプリだと思います。


僕は桟橋でルアーのテスト

宅急便がついて、段ボール箱を開き、パッケージを開いてラインを結んでキャストしたら着水後にバイト。

ファーストキャストで釣れたルアーは多くはないですが、これでまた、殿堂入り。
野尻オープンではこのルアーで釣った魚はカウントしない方が良いかも知れません。
今日、桟橋付近で真昼間に3匹釣れました。
20170531 パッケージを開けて1分後

こんなルアーは久しぶりです。
ハンクル65のリップを折って使った時くらいの衝撃でした。




野尻湖 吉野屋

立ヶ鼻の第一桟橋付近のネストは稚魚が孵化してました。
20170531 第一桟橋のネスト

体験学習の中学生は千葉県流山市の中学2年生。
女の子なのに一日中釣りしたり、エビを獲ったり。
狩猟本能が凄かった。20170531 体験学習

特にひとり、いい合わせをする子がいました。
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.