レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
8月29日 野尻湖ニュース
今日は晴れて少し暑さが残った一日でした。
午前の南風、午後の北風、どちらも強さはなく、そよそよでした。
8月29日 弁天島北側8月29日 宇賀神社社殿


八千代のK藤さん、佐久に転勤になったY野さんが釣りに来ました。

Y野さん
ラバージグが得意な釣りですが、今日は小さいサイズのみで大きいのは釣れなかったそうです。
最近、【大ナブラ祭り】があると聞き、それの行われていそうな場所を回ったようですが、大きな個体はいなかったらしく、釣れた最大は30㎝。


K藤さん
この時期は釣りに来られないのですが、今年はお盆以降に行われている【大ナブラ祭り】の釣りがしたいと言うことで、今回の釣行になりました。
結果としてはいいサイズが7匹、全て40UP で、最大は47㎝。
使ったルアーはビッグベイトやハンクルのルアーだったそうです。
8月29日 加藤さん

バイトはそれよりもあり、大きなサイズをバラしてしまったそうです。



野尻湖 吉野屋
スポンサーサイト
8月18日 野尻湖ニュース  THタックル ホバリンゾーイ ホバリンプチ ホバリン70
今日はお客さんがいなかったので、ちょっと釣りに出てみました。
この時期は減水が進み、シャローはお風呂みたいに温かくなり、魚が少なくなるので、ディープ中心で漁場調査を行ってきました。

まずは桟橋沖から
ベイトは浅いところから深いところまで散らばっていると言った感じ。
こんな水深にいるの?っていうくらい浅いところでした。
ただ、この魚種は分かりません。
浮いているからワカサギだと決めつけるのはちょっと待って。
桟橋周辺にいるスジエビも水深26mでは水面まで浮いてくるし、ハゼ系のヨシノボリもボトムから4mくらい上に浮いていることもあります。
これらはI藤さん、K原さん、K戸さん、K池さんと目撃したものです。

魚探ではいい映像が出るのですが、アタリがないのでB地区に移動。
ちょっとここじゃないのかっていう感じですが、検証しておこうと言うことで1時間くらい釣りをしてみました。
B地区の北側のNEWで魚のアタリらしきものがありましたが、魚種、サイズは分かりません。

続いて菅川。
水深10mラインに船が多く浮いていたので、まずは深い方から。
13mにもベイトがいたので30分くらいやってみたけどアタリなし。
そして、シャロー側に入りました。
馬の背の先端に入り、そこでメタル系を投げました。
いつもは15gを使っていますが、今日は3gを使ってみました。
すぐに答えが出ました。
2投目に35㎝650gが釣れました。

その後はアタリはあるけど掛けられず。
ちょっと移動して馬の背の根元に入りました。
ここでは【大ナブラ祭り】の練習が行われており、フローティングミノー(IKEミノ)を投げていい魚がバイトしてくるのですが、食い損ねているって感じでした。ここでは4バイト0フィッシュ。

よく観察していると何度かナブラがあるのですが、必ず起こる場所があります。
そこは地形の変化とベイトが絡んでいるような場所でした。

南風の菅川は好きですが、北風の菅川はどうしても好きになれず、それを克服しようと思い、午後も風向きが変わってから入りました。
全くダメではないけど、難しいと感じました。

午後は大崎、伝九郎沖、桟橋沖などでやってみましたが、魚かな?ってアタリがあった程度でした。

野尻湖 吉野屋

THタックル
ホバリン今期最終
今年は去年よりちょっと釣果は落ちますが、相変わらず釣れているシンキングスイッシャーです。
今回はオリカラはお願いしてありません。
また、スモールマウスカラー作って貰おうと思います。
8月17日 野尻湖ニュース
今日は雨の予報が出ていましたが、朝のうちにパラパラって降った程度でした。
上田のI田さんが釣りに来ました。
3月に手を怪我して、治らなかったので病院に行ったら手術をした方が良いと言われ、釣りが出来なくなったら困るから手術したようです。

まだ、ロッドをしっかり握れないので、フッキングが決められないそうです。
一日中ビッグベイトとペンシルベイトを投げていたそうです。

結果はダメでしたが、バイトがあったり、異常に反応の良いルアーがあったり、
釣れなかったけど楽しい一日だったそうです。

野尻湖 吉野屋
8月16日 野尻湖ニュース
今日も朝は凄く涼しく、気温は18℃台でした。
夜は窓を開けたままだと夜中に寒くて目が覚めてしまうほどです。
お盆最終日で湖上は少し船が減ったような気がします。

太田のM田ちゃんと新井のK間君、佐久の884さんと諏訪のK原さん、津南のN村さんが釣りに来ました。

M田 K間組
ライトリグの二人ですが、タイプ的には違うので、今回はK間君の釣りをM田ちゃんが学ぶといった感じでした。
桟橋沖のディープフラットで粘っていました。
二人で釣りをするといろいろ試せていい感じですね。

884 K原組
こちらも二人で乗ってネコリグを試したそうです。
一人ではわからなかったことも出来るようになり、とてもいいのではないでしょうか??

N村さん
今年は通い込んでいて、今日もいい魚を釣りました。
写真を添付します。
この魚の種類、分かる方がいたら教えてくださいませ。

野尻湖 吉野屋
8月15日 野尻湖ニュース
雨の朝でしたが、昼前にあがり、暑い一日でした。
風はそれほど上がらず、湖上は穏やかでした。
でも、船は多かったです。

練馬のI藤さん、草津のK嶋さん、諏訪のK原さん、本庄のS本さん、太田のM田ちゃん、熊谷のF井君ご一行が釣りに来ました。

I藤さん
昨日に引き続き、菅川に張り付き。
今日も6匹釣れたそうですが、昨日よりサイズが上がり、全て40UPだったそうです。
釣り方は昨日と全く違い、ライトキャロとノーシンカー。
4キャスト4バイトの時もあれば、何時間もノーバイトの時もあったそうです。
釣れると信じていないと粘れませんが、僕はここが好きなので粘れました。と言っていました。

K嶋さん
I藤さんの隣にボートポジションを取り、話をしながら、釣りをしたそうですが、なぜか釣れるのはI藤さんばかりで、K嶋さんは小さいのを3匹。
何が違うんだろう??って考えて釣りをしていたそうです。

K原さん
S本さん
別々ですが、同じような感じの釣りをしました。
8月15日 坂本さん

バイトは多かったそうですが、フックに掛からない感じがしていたようです。
夕方、フックを変えたり、ルアーのバランスを見たり、工夫していました。
次回に期待しましょう。

M田ちゃん
新しい扉が開いたそうで、終始ニコニコ。
釣り上げられていませんが、大きなヒントを貰ったようです。
明日はダウンショットの名手、K間君と同船してレクチャーを受けるそうです。



野尻湖 吉野屋
8月14日 野尻湖ニュース
今年はお盆を迎える前からすっかり秋になってしまいました。
実際には立秋は過ぎていますし、秋なんですよね。
それにしても先日の暑さからこの涼しさは体がついていけません。

本庄のS本さん、太田のM田ちゃん、練馬のI藤さん、草津のK嶋さん、京都のY山親子が釣りに出ました。

S本さん、M田ちゃんはディープを中心にいろいろ回って場所を選んでいました。
毎年、少しずつ傾向が違っていますが、今年は釣れるディープが狭くなっているとか…。

I藤さん
毎年、夏に来ますが、菅川しか行きません。
今日は初日だったので水道局なども回ったようですが、釣れたのは菅川のみ。
すべてダウンショットだったそうです。
ワームは小さくて細いものに反応があったそうです。
釣れた魚は6匹、最大は48㎝。

K嶋さん
普段はオカッパリしかしていないのですが、お盆のこの時期は家族を連れて野尻湖周辺で泊り、釣りをしています。
ウッドリームの2/0で釣れたり、ジョイクロで釣れたり、テイルスピンで釣れたり、毎年いろんな方法で釣ってきます。
初日はデコってしまいました。
明日はどうやって巻き返すのでしょうか??

Y山親子
小学生の男の子を連れて釣りに来ました。
今まで琵琶湖や池原に連れて行ったのですが釣れていなかったそうです。
自分の釣りは二の次にして、子供優先でやったそうです。
キャストが決まるようになった頃、キャストからフッキング、取り込みまで一人でやったそうです。
サイズは30弱だったそうですが、初めての魚に興奮していました。

野尻湖 吉野屋
8月9日 野尻湖ニュース
今日も暑い一日でした。
湖上は船も少なく、穏やかでした。

普段は相模湖で釣りをされているM田さんご一行が今年二回目の野尻湖挑戦。
今回は季節がら、【虫パターン】がやりたいと言って来たのですが、虫からセミに移行してきてしまいました。
一般に虫とセミは一緒にされてしまいますが、実はちょっと違いがあり、虫は6月から7月中旬、セミは7月中旬から8月までと言った感じ。

多少は重なるときもあるし、絶対にこれでしか釣れないってこともありませんので、その辺は柔軟に対応してくださいませ。

結果はみなさん、いいサイズが釣れていますが、パターンが成立したって感じでもなく、 ちょっと消化不良なようでした。
8月9日 森田さん8月9日 森田さんご一行
8月9日 森田さんご一行2


野尻湖 吉野屋
8月7日 野尻湖ニュース
月曜日は台風前の西寄りの南風が吹き続ける一日でした。
天気予報を見ると近畿地方から岐阜県を通り、長野県を直撃する予報進路となっていますが、前にもこれと同じ進路予想された台風がありました。
その時は北アルプスに行く手を阻まれ、岐阜県を縦断し、富山県から日本海に抜けたことがありました。
台風は吹き込む風向きと進路の関係で右側前で風が強く吹きますので、日本海に入り、能登半島沖を通過するコースが一番危険です。

昨日に引き続き、御殿場のA藤さんが釣りに来ました。
厳しくなってきたこの時期もしっかり釣ってきました。
しかし、自分では納得いかなかったようで、また来たいと言って帰りました。
この日もいいサイズをライトキャロで。
8月7日 安藤さん

台風、どうなるんでしょう??

野尻湖 吉野屋
8月6日 野尻湖ニュース
日曜日も晴れて暑い一日になりました。
御殿場のA藤さん、レイクブルーO西さんのお友達3人、津南のN村さん、W井さん、柏崎のF巻君、ながののK山 M村組、茅野のI藤さんが釣りに来ました。
8月6日 剛君 兄さん

A藤さん
今回もしっかり普段は使えないワームの釣りを堪能しました。
前回よりも数は少なかったものの、いいサイズを釣ってきました。
すべて、大崎の9~10mで、スプリットショット、ライトキャロ、ライトラバージグで釣ったそうです。

O西友人 3人組
午前中は野尻湖の感じを見て回ったようです。
午後は遠くには行かず、殆どの時間を桟橋沖のディープに費やしました。
みなさん、ラバージグで釣れたそうです。
少し前の釣れ方とちょっと違ってきていると言った印象です。

N村さん
いつもはバンク中心で釣りをしていましたが、今回はディープフラットで釣れたそうです。
今年はスピニングタックルは持ってきておらず、ベイトタックルで重めのルアーを多用しています。

W井さん
K山君
M村君
F巻君
午前中はバンクの巻き物をやったそうです。
魚の反応は少なく、釣れていた時に比べ、魚の気配がなくなったと言う感じだったようです。
昨年のこの時期に熱中症にやられたので、最近は昼休みを取り、体をクールダウンさせています。
そこでシャローの釣れなかった理由が少しわかったみたいです。

午後の部、F巻君がディープフラットに挑戦。
上げられはしなかったのですが、いいサイズを掛けることができ、ちょっと明るい明日が見えてきたそうです。

I藤さん
午前中は魚の反応がなかったそうです。
午後は弁天島の沖でちょっとの時間で7バイト4フィッシュ。
この時期の魚の状況に合わせたいい方法が見つかったようです。
いい感じで釣れたので、2時にあがり、高速道路が渋滞する前に帰路に就きました。
8月6日 伊藤さん


野尻湖 吉野屋
8月5日 野尻湖ニュース
土曜日は天気が良く、暑い一日になりました。
茅野のI藤さん、東京のS木 Y田組、熊谷のY沼さん、浅草のK重夫妻、横浜のO森さんが釣りに来ました。
8月5日 朝焼け

全体的には厳しかったようです。
バンクは昨年生まれた魚が多く、大きな魚が食う前に小さいのが勢い良くバイトしてきてしまうそうです。

ディープフラットはベイトも多く見られるようですが、バスも浮いてしまっていて、なかなかそのバスを釣ることが出来ないようです。

Y沼さんとI藤さんが釣ってきましたが、ラバージグ等で浮いたバスの目の前にルアーを通してあげないと釣れなかった感じがしたそうです。

野尻湖 吉野屋
8月2日 野尻湖ニュース
今日は平日で釣りに来たのは上田のW来 K本組だけでした。
先日、表層の釣りでいい感じだったので、出る前にルアーを買ってから行きました。
結果はポンパドールで釣り、それからジグでいいサイズを釣ったそうです。

毎年、6月くらいから虫パターンが始まりますが、どんどん食べられている虫が変化していくので、それに上手く合わせていかないと釣れません。

一口で虫パターンと言っても、いろんな虫がいるわけで、芋虫みたいな幼虫、シロヒトリ、モンカゲ、カナブン、セミ、甲虫などなので、それを見分けないと釣れてくれません。


あとは【ワタカツジグ】で釣りをしたそうですが、普通のラバージグと違い、敢えて岩場でジグをスタックさせて、それを外した時にバイトさせると言った感じで釣れるそうです。

根掛かりしてしまっては食いに来た魚も釣れないので、そこはちゃんと外せる仕様になっています。

まだ、映像は出せないと言うことなので、ここでお見せするのはもう少し先になると思います。
既に販売はしているので、使ってみたい方はご連絡をお願いします。


野尻湖 吉野屋
THタックル ホバリンゾーイ
こんなのが発売されるよ。
ホバリンゾーイ
ゾーイにステンプロップが ついてます

写真、うまく貼り付けられない
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.