レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
8月22日 大会初日の状況
大会一日目
朝から西寄りの南風が吹いていました。
この風向きの時はベイトが弁天島寄りに集ってしまい、他の場所からは一斉に移動してしまいます。
伝九郎沖や大崎のディープフラットには少ししか残っていませんでした。
午前中は殆どの選手が釣れず、1匹くらいしか釣れなかったようです。
そして13時過ぎ、風が北に変わり、湖の状況は急変しました。

Iさん
樅ヶ崎から舟瀬にかけてのバンクに張り付いていたそうです。
1位になった選手も同じ場所に入っていたので、ポイント的には外してはいなかったようです。

Y木さん
晴れてしまったので、浮かせる釣りは諦め、ディープの釣りを頑張りました。
普段のチャプターでは禁止エリアになっている島内のブレイクで粘りました。
ダウンショットはあまり得意ではないらしく、投げてもすぐに上げてしまうそうです。

H野君
前日までのプラで良かった場所を回ったのですが、タイミングが良くなかったみたいです。
同じような場所を回った選手が上位に入っていたので、エリア選択は間違っていなかったようです。

N瀬君
今回はディープを頑張ると決めていたらしく、結構粘っていました。
菅川では沖側から入ってきて魚探映像を見てあまり良くないと判断。
そのままUターンして出て行きました。ポイントの見切る能力はさすがです。

F山君
終了間際まで1匹しか釣れていなかったらしいのですが、最後に4投連続で釣り上げ、初日を上位で通過しました
殆どの時間を伝九郎沖で過ごしましたが、最後まで諦めなかったのはどんな理由からでしょうか?
普通なら見切って、再びその場所には入らないでしょう。

つづく
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.