レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
10月22日 野尻湖ニュース
今日は雨降りの朝でした。
上空は西風が吹いているようで、西側の山に阻まれて弱い風になっていました。
雨は弱くなっており、雨具を着込むほどではなくなっていました。
N刊スポーツ釣りクラブのK藤さん、O野さん、飯山のF沢さん、佐久の884さん、下馬のI井さんが釣りに出ました。
昼前にフラッと遊びに来たK間君は884さんと同船して出て行きました。


K藤さん、O野さん
二人で大体同じ場所を回っていたようです。
朝イチはやっぱり水中島。
ボイルがあり、なんとか遠投して何度かバイトがあったそうです。
しっかりしたバイトなのにフックオフしてしまったので、ルアーを確認したらフックが伸ばされていたそうです。
その後、フックを取り替えたそうですが、バイトがなくなってしまったようです。
今日はK藤さんもO野さんも釣れて、厳しい秋の野尻湖を楽しめたそうです。


F沢さん
いつもの場所でいつもの釣りをしたそうですが、反応が無く、後半はキャストの練習になってしまったようです。でも、これで少しはK也君に近付けたのではないでしょうか?


884さん
朝イチは弁天島に向かい、ボイルに翻弄されつつもいい釣りをしたようです。
その後、I井さんより【早くこっちへ来い】と2回ほど電話が入り、向こう岸に向かったそうです。
そこで見たものはボイルと言うより《ナブラ》だったそうです。
数千匹ものワカサギがバスに追われて水面で飛び跳ねていたそうです。
しかも、I井さんは大物を掛けてファイト中。凄い光景を目の当たりにしたそうです。
ここで今シーズン一番の浮かせる釣りを楽しみ、興奮して一旦帰着しました。
その後はK間君を乗せていいガイドをしてあげられたそうです。バイトは二人で30以上、手にしたバスは少なかったようですが、存分に楽しんでいました。使ったのは出船前に購入したブライスだったそうです。


I井さん
毎年この時期はいい釣りをしており、今朝も空模様がいい感じで、『今日は爆釣だ』と言って出て行きました。
最初に入ったプリンスワンドではまったくあたりも無く、次の場所に向かおうと沖目でエンジンを切って、エレキで移動中にボイルを見つけ、そこで37~38cmを3匹、42~43cmを3匹、45cmくらいのバスはラインブレイク。
その後、菅川で28cmくらいを1匹、国際村で43cmを1匹、次に掛けた45cmクラスは外されてしまったそうです。
その他にもムヒロバ、弁天島、大崎などを回り、一日浮かせる釣りが楽しめたそうです。
本日は20+αバイト、9フィッシュ。殆どが42~43cmのスモールだったそうです。

884さんとI井さんは互いに浮かせる釣りでしたが、この時期は特に良いという自信が有って攻め続けた結果でしょう。

気温15℃ 水温不明 水位-70cm(ちょい減水)
スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.