レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
3月31日 直江津ニュース
黒姫高原に住む兄弟と直江津の黒井に釣りに行ってきました。
野尻湖小学校に通うこの兄弟は学校帰りに毎日釣りをしているので、投げることは問題ありません。
しかし、ロッドが長くなり、投げるルアーが重くなったので、最初は戸惑っていましたが、すぐに慣れてしまったようです。

今回は長野から黒姫ジュニアに入っている川中島のM島先生の長男S太君も一緒に行きました。
DSC01578.jpg


足元には岩場があり、キャストミスをするとルアーが根掛りしてしまうので、最初はプレッシャーを感じながら、キャストしていたようです。
突堤の先端にいる人たちのロッドが時折曲がっていましたが、岸側にいた人のロッドが曲がることはありませんでした。
5時を過ぎ、どんどん周りの人が帰っていきましたが、なんとか子供たちに釣らせてあげたくて、粘っていました。
思い切って移動して突堤の先端付近に陣取ることができました。

一昨年のような釣り方では反応してくれないので、ロッドを借りてジグの動かし方を少し変えながら、探っているとついにアタリがありました。上がってきたのは50cmくらいの鰆(さわら)
すぐに子供たちにも同じような感じで動かすようにアドバイス。
直後にみんなにもアタリが出始めました。
DSC01580.jpg


まだ、魚の扱いが出来ていなかったので、バレないようにロッドをいなし、ラインテンションを掛けながら寄せてきました。
岸壁のコンクリートに当たった瞬間、魚がバレてしまいました。
しかし、今回は大きな玉網を持っていったので、すぐにそれを掬いあげました。
兄弟プレーで釣り上げたと言っても良いでしょう。


雨が当たってきましたが、みんなそんなのはお構いなし。
M島先生も本気になり、40匹以上の釣果となりました。

今回はストレートリトリーブではラインを切られてしまうケースが多く、今後の課題となりました。
上手な人がたくさんいるので、いっぱい話をして改善していこうと思います。

スポンサーサイト
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.