レンタルボート吉野屋から野尻湖の釣果・釣況などをレポート。携帯からもチェックできます。
11月13日 野尻湖ニュース
今シーズンも有り難うございました。

昨日、シーズンを締めくくる【ノジリクラシック】を開催して23名の参加を頂き、みんなで今年最後の野尻湖を堪能しました。

前日から湖の状況が激変。
夏以降、非常に厳しい状況が続いていましたが、一気に上向きになり、ドッカンドッカン祭り状態でした。
優勝したK原さんは10匹以上のキロフィッシュを釣り、1,300gの魚もリリースと言う凄いことが起きていました。

1位 K原基史 4,335g(3匹)
2位  I 藤 潤 4,185g(3匹)
3位 K村 剛 3,830g(3匹)
4位 W井 智 3,615g(3匹)
5位 S本豊弘 3,240g(3匹)
6位 N村紀夫 3,215g(3匹)
7位 H部 健 2,900g(3匹)
8位 F巻 悠 2,265g(2匹)
9位 K谷隆司 2,085g(2匹)
10位 I 田英明 1,880g(2匹)

ビッグフィッシュ K原基史 1,520g

ペアの部
1位 ピカツー   8,520g
2位 中村      3,215g
3位 チーム岩田 2,480g
4位 坂本組    1,915g


殆どの人がメタル系のルアーを使用していました。
ワームで釣られたのはK村さん1匹、H部さん2匹、 I 田さん1匹
その他の魚は全てメタル系と言う結果になりました。
一番釣れたのは38gのビッグスプーンで2番は29gのテイルスピン、3番は15gのテイルスピンでした。
その他にはアイスジグ、インザベイトなどを使った方が釣れていたようです。

ポイントは殆どの方が宮沢のディープフラットで、入れ替わり、立ち代わり、その場所で釣ったようです
(午後は船団が形成されていたそうです)

昨年もそこでラッシュが起こり、終了間際の1時間、二人で13匹ほど釣っています
(その時は優勝を確信していましたが、その上を行く人がいて2位と3位に終わっていました)


野尻湖を知っている人はこの結果を聞いても信じられないと思いますが、現実にこんなことが起きました。
ダイラッカで連発するなんで信じられませんもんね。
チームGFIの二人は【明日も許されるなら仕事を休んでこの釣りをしたい】と言って名残惜しそうに真っ暗になった湖を眺めていました。

今年の野尻湖ニュースは本日をもって終わりとさせていただきます。
また、来年も解禁くらいから配信する予定でおります。

今シーズンも僕の野尻湖釣り日記にお付き合いして頂き、ありがとうございました。


野尻湖 吉野屋

僕は先々週、海で大波をくらい、テトラから弾き飛ばされ、まだ海で釣りをするには恐怖心が残っていますが、少しずつリハビリしていくつもりです。
スポンサーサイト
10月28日 野尻湖ニュース
今日は台風の接近で西寄りの南風が吹いていました。
ウインディーサイドはザブザブで船の上で立っているのも大変だったそうです。
津南のW井さん、信州新町のM村君が釣りに来ました。

M村君はビッグベイトのみの勝負。
結果はバイト多数でしたが、0フィッシュ。
でも、最後はどこで魚が反応するか、パターンを見つけたらしく、明日も検証してみたいと言って帰路に就きました。

W井さん
今年は敢えてスピナベを投げる機会を減らし、他のルアーで頑張っています。
スピナベはエサだと言っているくらいです。
最近、ビッグベイトでいい感触を得ているらしく、今日もビッグベイトメインでやったそうです。
風の当たる風下側で1匹釣れたそうです。
10月28日 涌井さん


野尻湖 吉野屋

ノジリクラシック11月12日開催します。
10月22日 野尻湖ニュース
今年の最終戦、【第20回ノジリクラシック】は11月12日開催です。

今日は台風の影響で朝からずっと雨が降っていました。
朝、砂浜に刺しておいた印の棒より5㎝くらい水際が上がってきました(水位だと3㎝位上昇)

湖上は穏やかで風下側で少し波立った程度でした。
船も少なく、釣りしやすい一日になったと思います。

津南のW井さん、4番ファーストF巻君、ながののK山 M村組が釣りに出ました。

W井さん
朝は7時過ぎに出船、9時前には3匹釣ってリミットメイク。
ウエイトは1,170g、970g、710gとまずまず
全てシャローで釣ったそうです。
10月22日 ビッグベイト好調  10月22日 開始早々リミットメイク


F巻君
先週、ぎっくり腰で欠席して、今日は恐る恐る腰を庇いながら釣りに出ていきました。
昨年もこの時期は数は少ないけど50弱の魚を毎週釣っており、待ってましたと言わんばかりに釣りをしていました。
昼前に1匹、終了間際の15時55分に1匹、2匹とも46㎝の大物、ウエイトは1,370gと1,510g。
10月22日 46㎝1,370g  10月22日 46㎝1,510g
最後まで諦めちゃいけないんです。と言い残して柏崎に帰りました。

K山 M村組
今日はバイトが多かったそうですが、フックアップには至らなかったようです。
K山君はジョイント系をメインにしたそうです。
M村君は新しいロッドにいろいろ結んでいたみたいです。



野尻湖 吉野屋
10月16日 野尻湖ニュース
今日は昨日の北風と違い無風の朝でした。
しかし、日中は南風が吹き出し、雨も降り、釣りの条件としては厳しかったと思います。

昨日から彦根のY居さんが来ています。
前日は終了間際にいいサイズを掛けたものの、ジャンプで外されノーフィッシュ。
今日は絞り込んだタックルで湖上に出ていきました。
昼前は【大ナブラ祭り】に翻弄されっぱなし。
いろんなルアーを投げてみて、反応の違いを観察してそうです。
一番反応が良かったのは、朝、出ていく前にレンタルしたルアー。
他のミノーとは魚の距離が明らかに違ったそうです。
でも、バイトには至らず。

釣れたのは15時30分過ぎ、桟橋から正面のディープフラット。
新しく購入してきたセディションのMLのロッドが活躍してくれたそうです。
長さは45cmと特別大きくはありませんでしたが、春のスポーニング時と同じようなパンパンな魚でした。
ウエイトは1320g。
10月16日 タケゾウ 45㎝1320g10月16日 タケゾウ 横写真


この魚が釣れる前にも後にもバイトが集中しており、やる気のある魚がディープを回遊してきたような印象を持ったそうです。
9月17日 野尻湖ニュース
今日は台風の影響で強風でしたが、風軸が180度だったので、湖上には多くの風裏が生まれ、静かな水面では時折【大ナブラ祭り】がありました。
野尻湖は西側に飯綱山、戸隠山、黒姫山、妙高山があり、その向こうには北アルプスの3,000m級の山々が連なっており、台風が今回のようなコースを進んだ場合、それほど風は強くありません。
それより、気圧の低下による魚の活性の高さが際立っていたように思います。

2017-5 ノジリオープン【スピニング選手権】があり、14名が参加しました。
1位 S本さん 3,030g(3匹)
2位 K谷さん 2,630g(2匹)
3位 S田さん 1,880g(3匹)
4位 S井さん 1,630g(2匹)
5位 S谷さん 1,580g(3匹)
6位 K原さん 1,200g(2匹)

ビッグフィッシュ K谷さん 1,750g(49㎝)
9月17日 小谷さん 49㎝ 1,750g

S本さんは表層のミノーでいいサイズを釣ってきました。
最近、大きな魚はだいぶセレクティブになってきており、通常のミノーでは見切られることが多くなってきたようです。

K谷さんはディープの映像を見極めいいサイズを釣ってきました。
他にも魚を掛けたそうですが、惜しくもバラしてしまったそうです。

S田さんは2週間前の大会と同じ釣り方をしたそうです。
スモラバを繊細に操作して釣ってきました。

S井さんは坂本さんと同船、坂本さんより一回り小さい魚しか食ってくれなかったようです。
9月17日 桜井さん

S谷さんはディープフラットでダウンショット。
魚はどうやってベイトに食いつくのか、凄く分かりやすい理論で釣ってきました。

K原さんはいつものジグはスピニングでは使えなくて、軽いタイプを駆使して釣ったそうです。

次回は【ディープ選手権】

台風で気圧が下がって魚の動きが活発になってきているようで、10匹くらい釣った方もいらっしゃいました。
9月17日 藤巻君 45㎝ 1,145g

野尻湖 吉野屋
TEXT WITER  Copyright 野尻湖レンタルボート吉野屋 釣果レポート 2006 All Rights Reserved.
BLOG DESIGN  Copyright phantom.materials 2006 All Rights Reserved.